前へ
次へ

なぜウォーキングがダイエットに良いのか

会社や学校に行くときにどんな方法を使うかですが、鉄道やバス、自転車を使う人が多いかもしれません。
駅まで歩く人はいてもせいぜい10分から30分ぐらいでしょう。
鉄道などがない時代の移動手段は自分の足で歩くしかなく、日常生活でも歩くのが当たり前でした。
でも今は歩く必要性が少なくなっているので、人によっては一日に数百歩しか歩いていない人もいるようです。
歩く量が減ると足の筋力低下などを招き、運動不足から肥満状態になるときもあります。
歩く量が少ない人にいいとされるのがウォーキングダイエットです。
日常生活で歩く量が少ない時、空いている時間を見つけてその時間に歩きます。
ウォーキングがダイエットにいいのはまずはカロリーを消費してくれる点でしょう。
運動不足の解消にも役立ちます。
歩くことによって血流が良くなり、体の新陳代謝も活発になります。
体中の臓器の働きが良い方向に行き、脂肪なども燃焼しやすくしてくれます。
無理は禁物ですが、空いている時間があるとき少しでもいいので歩くと良いでしょう。

Page Top